長い時間の中で、失敗も沢山しました

失敗の中から生まれた経験も、立派にお役に立ててみせます

株式会社 情報保安通信(以下ESiC.Inc)は、セキュリティコンサルティングを軸に、サーバー管理代行、サーバーネットワーク構築、サーバー管理者育成プログラムの各種サービス業務を提供しており ます。

おかげ様で弊社のサービスは防衛関連企業や学術研究機関、そして通信会社など機密情報や特許情報その他高度なセキュリティを必要とする多くの企業団体にご利用頂いております。

セキュリティやサーバーの運用でお悩みの事がございましたら、お気軽に弊社までご相談下さい。

ESiC Incの前身SDS.Co,LTDの沿革

私たちのサーバー管理の考え方は1996年からスタートしました。当時、日本国内のインターネットサービスはまだまだ貧弱なもので、インターネットでECサイトやユーザー提供型のサービスなどを提供するにはとても不十分な環境でした。私たちの実現したいサービスを実現するには、非常に高額なサーバー機材と維持管理費用が必要だったのです。そこで私達は、手元にある古い機材と自分たちのプログラム技術を駆使して「運用コストを低く抑えて、安定性がある」サー バー管理用プログラムの開発と管理理論の構築に着手しました。

実験開始初期の頃はトラブルの連続でした。当初は開発予算も少なく購入するハードウェアが性能的に脆弱な事もあり、実験の成果は思うように進みませ んでした。プログラムコードの未熟さも、十分納得できる成果を出せない原因のひとつでした。この未熟さを物量で補う方針に変更して、サーバーとネットワークを体系的に把握する事がで きる基礎的な運用管理プログラムを何百種類と作成して試験運用を実施しました。この作業はおよそ4年間に渡り実施し、徐々にサーバー運用の連続稼動の 安定度を増していきました。自分達で満足できるものが出来上がったのは、実験をスタートさせてから5年目になっていました。このプログラムが、現在のサーバー 管理サービス提供の基礎に繋がるすべての元になります。完成した基礎プログラムは、自分達の会社と学校のネットワークで利用をスタートします。

2003年、これらの基礎的な管理プログラム技術を元にして、サーバー管理業務サービスを提供するサーバー管理会社「Sable Defend Systems Co,LTD(SDS)」を設立。サーバーの運用管理を、企業や研究団体向けにサービスの提供を開始しました。この管理サービスは、私達が想像するよりもはるかに多くのご支持を頂き、SDS.Co,LTDに属していたシステムエンジニアが不足するという致命的な問題が発生します。当時、20人のシステムエンジニアが在籍していましたが、その全員が他社または他団体へ出向してしまい、SDS.Co,LTD自体 の運営にも満足に行えない状況が続きました。

この慢性的な人材不足問題を解決するために、私達は新しい考え方に到達します。多くのサーバーをネットワークを利用して一元的に一人のエンジニアが管理できないか、これは私達の管理に対する考え方が、「遠隔操作」と「管理権限の分割」の考え方にシフトする重要なターニングポイントになりました。

サーバーの遠隔操作はそれほど複雑な考え方ではありませんでしたが、サーバーの遠隔操作を一般的な商業サービスとして実現するためにはネットワーク通信間のセキュリティの確保が絶対的な条件でした。

そこで私達は管理サーバーと対象サーバーのセキュリティを確保する為の独自の暗号ルーチンから開発をスタートする 事にしました。この暗号化ルーチンの開発は、2003年にスタートして、同年中旬には基礎的な部分が完成、早速実験をスタートさせました。

暗号化ルーチンの試作をあわせて、「ネットワークを介しての遠隔管理」についての運用実験をスタートさせました。SDS.Co,LTD内に設置し たサーバーを基地局として、岡山、東京、福島に設置した対象サーバーをコントロールする「運用コントロール試験」を開始。翌2004年にはタイ・バ ンコクと米国・ロサンゼルスにも試験サーバーを設置し、運用コントロール試験と実用テストを続けました。

暗号化ルーチンと管理プログラムの改修を重ねた結 果、2005年初めには通信間セキュリティの問題を払拭する事に成功し、すでにご契約頂いている契約企業に向けてサーバー遠隔管理サービスの一部提供を開始

これは今までのシステムエンジニア派遣型の管理方法と異なり、私達及び契約先企業共に大きく人件費をコストダウンする事ができるものでした。

2005年後半からスタートしたサーバー遠隔管理サービスは、現在でも日本国内の企業や研究団体を初め、海外企業でも広くご利用頂いております。

SDS.Co,LTDからESiC Incへ

2011年、私達は次のターニングポイントを迎えました。それは「セキュリティコンサルティング」と「人材育成教育プログラム」を事業の柱と位置づける事になったのです。これにより会社の業務の一部を、新会社ESiC Inc(株式会社 情報保安通信)へと移管いたしました。

この業務移管で、サービス全体の質を向上はもとより、より高度な安全な運営体質を実現する事になりました。

ESiC Inc(株式会社 情報保安通信)の運営組織概要

社   名 株式会社 情報保安通信
ESiC.Inc
設 立 日 2011年6月2日
名   称 ESiC Inc (株式会社 情報保安通信)
サービス開始日 2012年2月29日
U R L http://www.esic.jp/
住   所 〒664-0858
兵庫県伊丹市西台2-1-8

TEL 072-(784)-2620(代表)
FAX 072-(770)-3875

主要取引銀行 りそな銀行
事業内容 1、インターネットメディア事業
2、サーバー管理事業
3、ネットワークコンサルティング事業